読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすらダラダラと吐き出す

毎日更新してみると銘打っておきながらきっかり三日坊主で終わっていて、我ながら呆れる。

継続は力なり。つまり継続できなければ無力で無能。

一念発起するのにもかなりの労力が必要だけど、継続するのはもっと難しい。とにかく何かを続けたい。続けた先に今とは違う自分を見つけられる気がする。


ここ数ヶ月は自分の傲慢さにやっと気付くことができた。

なんとか治していかなければ。

しかしながら、20年以上この性格で生きてきてしまったばかりになかなか治らない。

失敗を繰り返しては自分に絶望している。

トライアンドエラーのその先に何があるというのか、私にはわからない。とにかく今の自分に嫌気がさしている。

だらしなく脂肪のついた身体は、己の甘さや傲慢さをそのまま具現化したもののように思う。

健康的で爽やかな身体を作りたいと、運動を始めたが、週一回、たった数時間の運動だけではそう簡単に変わらない。

そればかりか、飲み会の予定を詰め込みすぎて食べすぎ、飲みすぎ、金なしの三重苦だ。

社会人になってからまともに異性を好きになることができず、アプローチしてくれる物好きな男達と付き合っても長続きしない。

そんな自分にもまた嫌気がさして、色々な異性と積極的に遊ぶようにしたのがここ2ヶ月。いいなと思った人は音信不通になり、あまり良くないなと思った人からだけはしつこく連絡が入る。現実は厳しい。

今夜、また別の男性とはじめて食事に行くのだが、いいかも、と思ったとしてもうまくいかないのだろうなと思うと、ひたすらに身体が重い。

周りの友人たちはこの人だ、という人を見つけ、結婚しはじめている。みんな悩みは抱えながらも幸せそうだ。そりゃ、この人となら一生を共に過ごし、家庭を築いていきたい、と双方が思える相手と出会えたのだから、幸せだろう。

かといって、私が不幸かというとそうでもない。幸せだ。同世代の平均年収より少しばかり多い給料、残業せず帰れる環境、信頼を置いてくれる上司、後輩をいびらない優しい先輩たち、かわいい後輩。まだ築2年の新居に帰れば、元気な母と父、愛犬、妹がいる。寝る場所もあれば、美味しいご飯やお酒も不自由なく提供される。週に一、二度は友人とご飯や飲みに出かけて、くだらない話で爆笑したり、人生を憂いたり。休日には愛犬と共に景色の良い公園や街に出かける。

これ以上の幸せはないのではないかと思うくらい、恵まれているのだ。

でも私は変わりたい。

もっと、もっと、幸せになりたい。

そして、自分の人生を誰かと比較したくない。

そう願いながらも、どこかで幸せな人を恨み、自分に劣等感を募らせていく自分が嫌いだ。

嫌いなところを愛せる余裕や優しさが、ほしい。